アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは古代インドから伝えられているインド伝承医学の事。 その起源は今から遡ること5000年前。 アーユルヴェーダの原義は アーユル=生命、ヴェーダ=科学という意味を持つ、サンスクリット語なのです。

病気の予防、さらには健康の維持増進や若返り(アンチエイジング)を目的とした、「生命の科学」です。

個々の身体と心の状態を簡単な言語で説明し、自然治癒力を高めて、生きる知恵を教えてくれるものと言っても過言ではありません。 アーユルヴェーダを知っていくと、そのほとんどが日常生活に関係する事であり、身近なものだという事がわかってきます。

日本では、まだ認知度の低いアーユルヴェーダですが、WHO(世界保健機構)が正式に奨励している代替医療の一つでもあります。

ネトラバスティ  (目の温泉)

目の奥にたまった汚れを押し出し、白目すっきり、黒目パッチリ。 

ドライアイや眼精疲労・充血の改善。

目の下のくま、くすみを和らげ、まぶたにハリを取り戻すアンチエイジング効果も。

インドの伝承医学アーユルヴェーダの一つのネトラバスティ。

眼精疲労やドライアイ、アレルギーの改善や近視予防などを目的とし、

最近では目元の張りを取り戻すアンチエイジング効果や瞳の潤いや充血改善など、

美容としての注目も集まっています。

 

施術の流れ

1.目の周りのふき取り

2.ホットタオルで目の周りの筋肉を解す

3.土手を目の周りに貼り付ける

4.ギー(精製したバターオイル)を流し込む

5.目を動かして汚れを押し出す

6.同じ作業を2回ほど※を繰り返す

7.ギーを拭き取り・土手を外す

8.ホットタオルで目・顔・耳のマッサージ

9.鎖骨リンパ圧迫

 

30分 3,000円 

 

 

 

 

 

 

当店は

 

 

ネトラバスティ協会

 

 

加盟店です。